限界マンション | 知多郡武豊町周辺の不動産をお探しなら株式会社中日ホームにお任せ下さい。

株式会社中日ホーム

営業時間9:00~18:00(土日も営業しています!)定休日水曜日

限界マンション

最近よく聞くようになった”限界マンション”という言葉。

これは分譲マンション(区分所有マンション)の行く末のことを言います。

新築後、間もないマンションなど老朽化が進んでいないマンションは、

ほとんど気にもされず、将来のことなど誰もが深く考えていないと思います。

けれど、どれだけ修繕をしても建物には耐久性の限界が必ず来ます。

そうなった場合、建て替えか、解体し土地を売却するという2つの選択になります。

(これは、普通の土地付き住宅も同じことですが、ここで問題なのは、分譲マンションには複数人、区分所有していて、単独では動けないということです。)

選択肢の一つ、建替えは、当然莫大な費用が掛かり、また区分所有者全員の一致という

大きなハードルがありますので、不可能に近いと思います。

もう一つの選択肢は、解体し土地を売却するということですが、こちらも同様に、

費用の問題や、区分所有者全員の一致というのは、簡単ではありませんね。

よっぽど駅近や、地価上昇が見込める地域は、分譲マンション事業者に協力を求め、

建て替えという可能性は残されていますが、ここで問題になるのが、やはり

区分所有者の高齢化や、賃貸化(空室化)によって、次の行動に消極的な所有者も

混在し、全員一致というのが、大変難しくなります。

何が言いたいかお分かりだと思いますが、分譲マンションを購入検討する際は、

将来の事、お子さんに残す資産として、間違いない不動産なのかを見極めてほしいということです。

車のように、値下がりしにくい物を買い、計画的に早期売却するのも得策ですが、

住まいは、そうは行きませんよね。

お金持ちの方で、道楽やセカンドハウス的に購入するなら別ですが、

一般的に家は、一生に一度の買い物ですからね。

これがマンションの行く末。つまり限界マンションです。

 

そんなことを言っている私も、いつかはタワーマンションに住みたいと思っているのですが(笑)

 

武豊町、半田市、知多半島の土地、新築住宅、中古住宅は、武豊町の中日ホームを宜しくお願い申し上げます。

投稿日:2019/02/09   投稿者:森田 仁